間伐材の利用促進。

間伐材利用

間伐材の利用促進

輸入木材をできるだけ使わないようにすることは地球環境を守る上でとても大切なことです。

森林荒廃地球上の森林が減っています。無計画の農地開発や森林伐採によって森林の砂漠化が進んでいる事はご承知の通りです。日本を含む先進国の木材需要も世界の森林の荒廃を進める原因のひとつになっています。

間伐と植林輸入木材の消費を少なくすることは地球環境を守る事になります。

森林を豊かにする間伐は、間伐材という資源も産み出します。

間伐材は通常の木材と異なり、利用範囲が限られていました。しかし、最近では間伐材を利用する技術も進み、様々な方面で利用する試みも行われています。今後はさらに技術が進んで間伐材はさらに大切な日本の資源になるはずです。結果的に地球環境も守ることになります。

林野庁が挙げている間伐材の利用方法・利用例

  • 間伐材利用量の拡大が見込まれる用途を対象とした効果的な間伐材製品の試作・実証等
  • カラマツの間伐材を利用し、トラス工法による建築(木造畜舎や多目的の小屋など)
  • 河川の景観と環境に配慮するために、 間伐材を利用した編棚(編み込み)工による護岸例
  • 間伐材をチップにし、接着剤塗布し、熱圧成形したボード
  • 新たな紙製品の開発(カートカン)
  • 間伐材等を利用した集成材や合板等を安定的に供給する木材供給体制の整備
  • 木質バイオマスの利用促進(発電施設、熱供給施設等の整備、木質ペレットの規格化等)
  • 間伐材等を利用した構造用合板
  • 間伐材等を利用したバイオマスエネルギー発電施設

バイオマスエネルギー

間伐材から、木質ペレット等のバイオマス燃料(動植物に由来する燃料の総称)を製造します。バイオマスエネルギー燃料を利用する際にもCO2が発生しますが、そのバイオマス燃料は樹木として生育する過程で既にCO2を吸収しています。結果的にCO2の量を増減させないことになります。

これはCO2を増やす石油等の化石燃料との大きな違いです。地球温暖化対策の燃料として今後さらに注目され、技術も進み重要な燃料エネルギーになっていくでしょう。

間伐材は日本の資源

間伐木材間伐を行うことで、国土の保全、水源のかん養、 地球温暖化の防止などの機能を十分に発揮させるとともに、 森林の木材としての価値を高めることができます。 将来に向け、地域さらには地球の環境を守り、 あなたの山を大切な財産として活かすためにも、 間伐の実施は不可欠です。

安定的な原木供給の取組、加工技術の 進歩により、合板や集成材などの分野でも国産材の利用が進んでいます。

間伐促進法

「間伐促進法」は山林、森林を所有している皆様が補助金を受けて間伐をすることができる制度です。間伐は自己負担が少ないのです。