山林所有者の皆様を支援します。

間伐は鳥獣被害の対策

間伐は鳥獣被害の対策になります、

昔の里山昔は里山の周りに、畑があり、その周辺に果樹が植えられ、その又周辺の里山は、間伐されたり 下草が刈られ、野生動物達との緩衝地帯が設けられていました。

 

手入れがされていない山林には鳥獣が集まるところが現代は、里山の周りが整備されない(間伐や下草刈りがされていない)為、 人家の周りまで野生動物達が、出没できる状況になってしまっております。

間伐で手入れされた山林間伐、藪や下草の刈払いにより、野生動物達が身を隠す場所を無くし、同時に緩衝地帯 を設ければ、鳥獣被害対策に効果が高いことが様々な研究で実証されております。